カードローン返済が遅れそうな時の対処法

返済が遅れそうな時の対処法

キャッシングをするにあたって気になるのが返済についてです。

「今月どうしても支払いが間に合いそうにない」
利用している期間にこのような状態に直面することがあると思います。
そんな、返済が遅れそうなときの対処法をお教えいたします。

 

カード

 

まずは返済日の前か遅くても当日までに支払いができそうにもないという旨を電話で連絡しましょう。
ここで重要なポイントが、電話をするタイミングです。
必ず返済日前か遅くても当日までに電話するようにしてください。
なぜならば、返済できないという事態になるというのは、ついうっかり返済日を忘れてしまったというのと違い、返済日前には予め分かっているものだからです。
予め分かっていることは事前に連絡するのが筋というものです。
返済日が過ぎてしまうと、キャッシング業者から督促されてしまいます。

 

最初は書面や電話などから始まり、長期間にわたって支払いを放置してしまうと自宅に訪問されてしまうケースもあります。
督促はされる側はもちろん、する側も気持ちの良いことではありません。
事前に分かっているのであれば、電話一本するだけで督促はされませんので必ず電話はするようにしましょう。

 

電話で話す内容としては
返済日までに支払いができない旨
○○日だったら支払うことができそう
というように、具体的に日にちを出して話すようにしましょう。
この日なら支払いができるということが業者側に伝わっていれば、督促をされることはありません。
約束した日にちに、返済金と遅れた日数分の遅延損害金を上乗せした金額を支払いましょう。
間違っても返済を放置するというようなことはやめてください。
放置すると先程も申し上げましたが、

  • 書面
  • 電話
  • 自宅訪問

などの督促が開始されますし、長期間にわたって支払いを放置してしまうとブラックリストに載ってしまい、最終的にはどこからもキャッシングができないというようなことにもなりかねません。
返済が遅れそうな時は、事前に電話一本を心がけましょう。

 

 

 

専業主婦が利用できる総量規制対象外のカードローンを紹介!