カードローン審査の個人情報

審査で必要な個人信用情報とは

カードローンの審査では申込者の個人情報を見ます。

実際にどのような個人情報を見ているのでしょうか。
基本的に申込書に記入した情報は全て調べると思っておいた方が良いでしょう。

オペレーター

 

名前・生年月日・住所&電話番号・勤務先情報・他社借入状況
申込書に記入する情報はざっくり言うとこのようになります。
名前や生年月日などは身分証明書と照らし合わせて確認をします。
自宅の住所は実際に地図で場所を確認するケースもあります。
電話番号は在籍確認といって、本当にそこの場所に住んでいるのかという確認をします。
勤務先もこれとほぼ同じ作業をします。

 

そして個人情報で最も大切な作業が、他社の借入状況の確認です。
カードローン業者は個人の借入状況を信用情報機関を使って確認をします。
信用情報機関一覧

  • 消費者金融系 → JICC
  • 信販系    → CIC
  • 銀行系    → KSC

申し込んだカードローン会社がどこに属しているかによって調べる情報機関が違ってきます。
こういった機関で何を見るのかというと、
他社の借入件数&金額
支払い状況が良好or不良か
などです。

 

他社の借入件数&金額があまりにも多いと、自社で契約しても返済してもらえるか不安だという観点から審査で落ちてしまう可能性が高くなります。
また他社の件数&金額は問題ないけれど、支払い状況があまりにも不良だと判明すると同じく審査では落ちてしまいます。
特に過去他社で、

  • 長期延滞・放置
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

などの履歴がある人は、ブラックリストに載ってしまっている可能性があります。
こういった支払いに対して問題がある人の情報は三機関とも共有をしていますので、それが判明した時点でお金はどこからも借りられないと思ってください。
自分が申し込んだカードローン会社はどこの機関に属するのか、またどこの機関で調べられるのかはカードローン会社のホームページの「個人情報取扱について」というところで調べられますので、気になる方は一度見てみることをお勧めします。

 

 

 

専業主婦が利用できる総量規制対象外のカードローンを紹介!